株価の変動を気にせず、株主優待を手に入れる手順

少し回り道をして信用取引について説明してきました。
でも、本来お伝えしたいのは株主優待をローリスクで手に入れる方法ですよね。

さあ、お待たせしました。今回は本題となる株主優待をローリスクで手に入れる方法についてお伝えしていきます。

 

現物買いと信用売りを組み合わせる

株価の変動のリスクをなくしてしまえば、株主優待を取得しやすくなりますよね。

株主優待を手に入れるには株を持っておかないといけません。
空買い(信用買い)ではダメで、現物の株を持っておいて初めて株主優待の権利を得ることができます。

リスクをなくすには、株を買うのと同時に空売り(信用売り)をします。

 

結論を言うと、「現物買い」と「信用売り」を同時にすれば、株価の変動のリスクをなくして株主優待を取得できます。

次に具体例を見ていきましょう。

 

株価1000円で100株買えば株主優待が手に入る場合

・1000円で100株買う(現物買い)
・1000円で100株売る(信用売り)

前の日に「寄付」「成行」で注文すると、同じ額で買いと売りが注文できます。

現物買いをしているので、これで株主優待を得る権利を手に入れることができます。

値動きが気になりますよね。
例えば、次の日に株価が950円に下がった場合は・・・

・現物買い → -5,000円
・信用売り → +5,000円

つまり、値動きは関係ないということになります。

いかがでしょうか?株価の変動を気にせず、これで株主優待を取得できますね!

 

次の日に「現渡」して手続き完了

上の方法で株主優待は取得できました。
しかし、そのままだと現物の株と信用売りした状態の2つが残ったままです。

ずっと残ったままとなると、信用売りで日々金利が発生するので、決済しないといけません。

この2つを決済して、初めて終了となります。

 

この決済方法も少し変わった方法を使います。
信用売りしていたモノを「現渡(げんわたし)」します。「品渡し(しなわたし)」とも言います。

現渡のやり方は各証券会社の使い方で詳しく説明しますので、そちらを参考にしてください。

 

現物買いと信用売りで何が起こるか

もらえるもの

・株主優待
・配当金

現物買いをしているので、株主優待と配当金がもらえます。

 

掛かるコストは・・・

・株の売買に必要な手数料
・配当金 * 1.02〜1.03
・空売り分の金利
・逆日歩

となります。

 

株を持っているので、配当金もいただくことができます。
しかし、権利確定日に信用売りをすると逆に配当金を払わないといけないので、結局は相殺されます。

しかも、もらう配当金よりも払う配当金の方がわずかに多いので、注意が必要です。
配当金が1,000円であれば、払うのは1,020〜1,030円程度となります。

大きな金額にはなりませんが、知っておくことは大事なことです。

 

空売り分の金利は年利3%だとすると「空売り額 × 3% × 1/365」になるので、大抵の場合は数十円におさまります。株価が安いのであれば、10円いかないこともあります。

 

掛かるコストで問題なのは逆日歩(ぎゃくひぶ)です。
この逆日歩については次回詳しくお伝えいたします。