カブドットコム証券でクロス取引(株主優待タダ取り)する手順

今回は、カブドットコム証券で現物買いと信用売りを組み合わせて、株主優待を取得する手順を紹介します。

 

現物買い

今回はJSP(7942)を例にして説明いたします。

「お取引」→「現物株式」→「買注文」の画面から欲しい株の銘柄か番号を入力して検索します。

銘柄を決めると以下の様な画面になります。

株式買注文_-_カブドットコム証券

「数量」に欲しい株数を入力し、執行条件は「成行」を 選択します。前場は午前、後場は午後のことです。

あとはそのままの状態で「確認画面へ」をクリックして先に進みます。その後は注文内容が正しければ、正式に注文します。

 

信用売り

現物買いの注文が済めば、次は信用売りの注文を入れます。

信用新規建玉_-_カブドットコム証券

取引区分で「制度信用」か「一般信用」を選ぶことができます。一般信用が選べるのであれば、選んでおくと逆日歩のリスクを避けることができます。

参考→「逆日歩(ぎゃくひぶ)と制度信用、一般信用について

売買は「売り新規」を選ぶようにしましょう。

あとは数量に現物買いと同じ株を入力します。

入力が終われば「確認画面へ」をクリックして、注文を確定させます。

 

ここまでの作業は株式市場が開いていない時間にしましょう。私はいつも22時ごろにこの作業を行なっています。

 

株主優待の権利が確定したあと→品渡で返済

上のように注文ができれば、権利確定日まではそのままにしておきます。

株主優待の権利を手に入れることができれば、もう持っておく必要がなくなるので、返済の手続きをします。

 

「資産管理」→「残高照会」→「信用建玉」を選ぶと信用売りした銘柄の一覧が出てきます。

下の画像にもあるように「品渡」をクリックします。

残高照会_信用建玉_-_カブドットコム証券

 

次に、返済の手続きに入ります。

返済数量と品渡数量にそれぞれ、信用売りした株数を入力します。

全て入力できたら「確認画面へ」をクリックします。

品受・品渡_-_カブドットコム証券-2

 

この内容でよければ「注文する」をクリックして、確定させます。

品受・品渡_-_カブドットコム証券

 

お疲れ様でした。

この作業をすることで、現物買いした株で信用売りした株を返済できます。
最初に行った、現物買いと信用売りした株がこれでなくなります。相殺している感じです。

現渡のメリットは手数料が発生しないところです。
発生する手数料は最初の現物買いと信用売りの分だけなので、かなり手数料を浮かせることができます。

 

口座開設はこちらから

私からの紹介で口座を開設すると、もれなく1,000円、最大で現金5,000円プレゼントのキャンペーンを適用させていただきます。

下の入力フォームから、お名前とメールアドレスをご連絡いただければ、現金プレゼントのキャンペーンを適用いたします。極力24時間以内にお返事いたしますので、よろしくお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)