信用取引について

衝撃の事実!株主優待はタダで取得できる?」で少しふれた信用取引について、ここでは詳しく紹介していきます。

少しややこしいところで、この信用取引を理解すれば、株全体に関してかなり詳しくなります。

 

信用取引とは?

信用取引については検索でも調べることができます。
WikiPediaにも「信用取引」の項目がありますが、ざっと読んでも理解するのが難しいと思います。

 

信用取引はその場ではお金の支払いが起こりません。
「信用」を元に株を買ったり、売ったりする権利を得ることができます。

「買う」権利、「売る」権利を手に入れるだけの取引なので、実際に株を持つことがありません。

信用取引で「買う」権利を得た場合は「空買い」、「売る」権利を得た場合は「空売り」といいます。

 

金額以上の取引ができる

信用取引の特徴の一つに、証券会社の口座に預けている金額以上の取引ができる点があります。

最大で3倍の金額での取引ができます。
300,000円預けていれば、900,000円までの取引が可能です。

自分の資金をテコにかけることができるので、これを「レバレッジ (リンク先:WikiPedia)」と言います。

レバレッジをかけると利益を増やしやすくなりますが、逆に損失も預けている金額以上になることもあります。300,000円しか預けていないのに、500,000円の損失になることもありえます。その場合は、追加で200,000円入金しないといけなくなります。

信用取引はハイリスク・ハイリターンの取引となりますので、注意が必要です。

 

株主優待を取得するだけならリスクが低い

信用取引は本来、リスクがあるものですが、株主優待を取得するために使う場合はあまりリスクなく信用取引を使うことができます。

それを「株価の変動を気にせず、株主優待を手に入れる手順」で説明していきます。