楽天証券

楽天証券は楽天系列の証券会社です。

SBI証券についで、よく使われている証券会社です。

 

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天証券の大きな特徴の一つに、楽天との連携があります。

利用額に応じて、楽天市場での買い物で使える楽天スーパーポイントが貯まります。

頻繁に楽天市場で買い物されている方であれば、ポイントが貯まりやすくなるのは嬉しいですよね。

 

信用取引すると手数料が割引に

もう一つの特徴に、信用取引や投資信託をしていると、株式手数料が割引になるサービスがあります。

ただし、これは対象金額が高額すぎるので、ほとんどの方は恩恵を受けれないと思います。

国内株式手数料を最大30%割引! 「超割」コースにダイヤモンドランク誕生! | 楽天証券

 

 

現物・信用の手数料一覧

楽天証券の手数料プランは2つあります。

「ワンショットコース」と「いちにち定額コース」です。

 

ワンショットコースは1つの銘柄を売買するごとに、手数料が発生します。
取引回数が少ない場合には、ワンショットコースがお得になる場合があります。

 

いちにち定額コースは1日の取引金額によって、手数料が決まります。
1日に何度も取引する場合や、株主優待目当てに権利確定日に大量買いする場合はいちにち定額コースの方がお得になります。

銘柄数によって手数料が大きく変わってくるので、見極めが必要になりそうですね。

 

ワンショットコース手数料

ワンショットコース手数料

 

 

いちにち定額コース手数料

いちにち定額コース

 

株の売買方法

ここからは楽天証券での株の売買方法についてお伝えいたします。
実際に株を買う時の参考にしていただけると幸いです。

楽天証券なので、楽天(4755)で試してみますね。

次の画面は銘柄の情報画面です。
画像の右上に「現物買い」というボタンがあるので、それをクリックします。

楽天証券 - 株の買い方

「現物買い」ボタンをクリックすると次の画面に進みます。

ここで何株買うかを入力します。

指値(さしね)はこの値段になったら買うというのを指定することができます。
成行はいくらでもいいからすぐに買うという意味です。

株数とパスワードが入力できれば「注文内容を確認する」をクリックします。

楽天証券での株の買い方

この後、入力した注文内容が改めて表示され、問題ないのであれば、注文して株を買います。

株を売る時、信用取引での注文も同様の方法で行うことができます。

信用取引の場合は制度信用での取引しかできませんので、注意が必要です。
→参考:「逆日歩(ぎゃくひぶ)と制度信用、一般信用について

楽天証券の口座開設はこちらから

楽天のサービスを他にも使っていて、証券会社も楽天にしたい方は楽天証券がおすすめです。
また、私からの紹介で口座を開設すると、楽天スーパーポイントプレゼントなどのキャンペーンを適用させていただきますので、ぜひよろしくお願いいたします。

下の入力フォームから、お名前とメールアドレスをご連絡いただければ、
極力24時間以内にお返事いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)