株主優待の使い道に困ったときにできる、3つの対応策

もらった株主優待。
使おうと思っていても、使い道がない場合や、使うことを忘れていてしばらく日が経ってしまった・・・ということもあると思います。

そんな場合はどうすればいいでしょうか。

 

友人・知人にプレゼントする

もらった株主優待、自分が知っているあの人なら喜びそう・・・!というのはないですか?

そういう場合は、プレゼントしましょう!きっと喜んでもらえます。
プレゼントするこちらも、相手の喜んでいる顔を見ると嬉しくなります。

私も何度か株主優待をプレゼントしたことがあります。
そういえば、プレゼント代の節約にもなりますね。

相手に喜んでもらえて、プレゼント代の節約になるなんて一石二鳥だと思いませんか?

もちろん、相手が喜びそうにないものはプレゼントしてはダメですよ。

 

チケットショップに売る

プレゼントする相手がいない場合は、売却という選択肢があります。

金券などの株主優待であれば、チケットショップに売ることもできます。
チケットショップをよくご利用されている方であれば、あらゆる株主優待の金券が販売されているのを見たことがあると思います。

人気の株主優待であれば、思ったよりも高く売れるかもしれませんね。

 

オークションで売る

金券以外の株主優待はチケットショップでは売れません。
それでも売却したい、という場合はオークションで売ることもできます。金券もオークションで売られています。

Yahoo!オークションモバオク楽天オークションなどで出品すれば、すぐに売れる傾向にあるようです。

株主優待は魅力的なモノが多く、欲しがっている人も多いです。

 

まとめ

万が一使い道がなくなってしまったとしても、ここで紹介した、あらゆる方法で株主優待を使い切ることができます。

株主優待の使い道にお困りの方は、ここで紹介した方法をぜひ活用してみてくださいね。

でも、本当は自分で使い切るのが一番ですけどね。